[PR]

 チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世(84)の後継者をどうするかについて、同教の高僧らがインド北部ダラムサラで27日に会議を開き、「すべてのチベット人はダライ・ラマ制度の存続を希求する」などとする決議を採択した。

 会議では、後継者にまつわる事項は「ダライ・ラマ14世にゆだねられるべきだ」とした上で、「中国政府が選んだ候補は認めない」ことも決めた。

 チベット仏教では、すべての生き物は輪廻(りんね)転生するという考えに基づき、観音菩薩(ぼさつ)の化身とされるダライ・ラマの死去後に、生まれ変わりを探して後継者にする伝統が続いてきた。

 だが、1950年代の中国軍に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら