動画】即位パレードのオープンカー 迎賓館で一般公開=恵原弘太郎撮影

 天皇陛下の即位に伴うパレード「祝賀御列(おんれつ)の儀」で使われたオープンカーの一般公開が28日、東京都港区の迎賓館赤坂離宮で始まった。来年1月5日まで。

 オープンカーはアクリル板に囲われて展示された。パレード後に取り付けられたナンバープレートは「11―10」。内閣府の皇位継承式典事務局によると、パレードが実施された11月10日にちなんだ数字という。

 小雨が降る中、訪れた人の多くがスマートフォンで撮影していた。神奈川県大和市の女性(52)は「重厚感がある」。同県平塚市の女性(51)は「テレビで見たパレードが身近に感じられる」と話した。

 事務局によると、オープンカーは今後も有効活用したいといい、東京五輪・パラリンピック関連のパレードでの利用が考えられるという。

 オープンカーは、トヨタの高級車「センチュリー(3代目)」を改良したもの。内閣府が約8千万円を上限とする契約で購入した。

 来年1月9日~3月17日には、京都迎賓館でも公開される予定。(長谷文)