[PR]

 韓国の情報機関・国家情報院が韓国前大統領の朴槿恵(パククネ)被告(67)側に秘密資金を上納していた事件で、韓国大法院(最高裁)は28日、朴被告に横領の罪で懲役5年、追徴金27億ウォン(約2億5千万円)を言い渡した二審判決を破棄し、審理を高裁に差し戻した。

 大法院は横領罪だけでなく一、二審が無罪とした収賄罪、一審が有罪、二審が無罪とした国庫損失罪について、いずれも有罪としなければならないと判断した。朴被告は出廷を拒んでおり、この日も欠席した。

 朴被告は2013~16年、歴代の国情院長3人から、特殊活動費約35億ウォンを受け取ったとして起訴された。大法院は28日、懲役2年~2年6カ月の実刑とした歴代国情院長3人の二審判決についても破棄し、高裁に差し戻した。

 朴被告は、韓国最大の財閥サムスングループから巨額の賄賂を受け取った事件で昨年8月、懲役25年の二審判決を受けたが、大法院は今年8月、二審判決を破棄して高裁に差し戻し、審理が続く。このほか朴被告は、公職選挙法違反をめぐる事件で昨年末に懲役2年の実刑が確定した。(ソウル=武田肇)