【動画】暴力団幹部が射殺された事件から一夜明け、現場周辺で兵庫県警が現場検証
[PR]

 兵庫県尼崎市で27日夕、指定暴力団神戸山口組の古川恵一幹部(59)が射殺された事件で、銃刀法違反容疑などで京都府警に逮捕された男が、現場前の飲食店にいた古川幹部を店外に連れ出し、直後に路上で自動小銃を連射したとみられることが捜査関係者への取材でわかった。店の前で20発近い自動小銃の薬莢(やっきょう)が見つかったという。

 京都府警に逮捕されたのは、愛知県江南市の無職、朝比奈久徳容疑者(52)。神戸山口組と対立する指定暴力団山口組の元関係者とみられる。事件から約1時間後の27日午後6時ごろ、現場から逃走したとみられる軽乗用車を京都市南区で運転していたところを見つかった。この際、自動小銃のほか、回転式拳銃と実弾5発を持っていたという。

 捜査関係者によると、朝比奈容疑者は銃撃について「自分がやった」と認めているといい、兵庫県警は今後、京都府警と連携しながら殺人容疑でも捜査を進める。

 捜査関係者によると、古川幹部…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら