[PR]

 スウェーデンの16歳の環境活動家、グレタ・トゥンベリさんの気候危機の訴えに触発された世界中の若者らが29日、一斉にデモ(グローバル気候マーチ)をする。4回目となる日本でも24カ所以上で予定している。各地の団体が連携し、環境への取り組みを行政に働きかける動きも出てきた。

 九州大4年の阪口真生志(まきし)さん(23)がスウェーデンの16歳の環境活動家、グレタ・トゥンベリさんのことを知ったのは3月。就職活動で環境関連の企業を探していたころ。東京滞在中にフェイスブックで記事を見つけ、動画サイトで検索すると、気候変動の問題に「今すぐ行動してほしい」と呼びかけていた。

 グレタさんは気候危機の影響を受けるのは若者だなどと訴え、一人で学校を休んで、昨夏、スウェーデンの国会議事堂前で座り込んだ。グレタさんの行動はSNSで拡散し、世界各地の学生が毎週金曜日に授業をボイコットする「学校ストライキ」を開始。世界一斉デモ(グローバル気候マーチ)にも広がった。

 阪口さんはこの日、マーチが渋谷であると知り、飛び入り参加。自分より若いグレタさんが世界中に影響を与えていることに心打たれた一方、日本の若者は関心が薄いと感じた。

 各国の若者によって団体「Fridays For Future(FFF)」(未来のための金曜日)が発足。阪口さんもフェイスブックで知り合った仲間と「FFF Fukuoka」を立ち上げ、9月の世界一斉デモの時には福岡でも「グローバル気候マーチ」を企画。100人ほどが集まった。

 「グレタさんは一人で始め、1年間で世界の400万人に広がった。人に伝えていくことで気候変動への関心が高まり、影響が広がると学んだ」と阪口さん。デモの一方で、他の地域のFFFの活動を参考に行政への働きかけも始めた。

 今月中旬、福岡県と福岡市に環境への取り組みを促す要望書を提出。「気候非常事態宣言」を出し、2050年までの脱炭素化の目標と温室効果ガスの排出削減の道筋を立てることや、市民と一体で気候変動問題を解決することなどを求めている。「宣言」は3年前に豪州で始まり、欧米を中心に世界に広がったという。国内では長崎県壱岐市と神奈川県鎌倉市が宣言している。

 行政に対し、「短期的な経済成長ばかりみて、長期的な気候変動問題に取り組めていない」と感じる阪口さん。今後も意見交換などを続けたいとしている。

 長崎大4年の永江早紀さん(2…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら