[PR]

 奈良県橿原(かしはら)市の集合住宅の1室から男性の遺体が見つかった火災で、県警は28日、隣接する同県桜井市の路上で男性の血痕が見つかったことなどから、放火・殺人事件とみて橿原署に特別捜査本部を設置した。男性はDNA型鑑定で、桜井市河西、職業不詳山岡直樹さん(28)と判明したと発表した。

 捜査1課によると、この部屋の住人の男性会社員(20)と連絡がとれなくなっており、行方を捜しているという。

 橿原署によると、火災があったのは25日午前4時20分ごろ。橿原市栄和町の鉄骨2階建て集合住宅から出火し、2階部分6室のうち5室計約200平方メートルが焼けた。山岡さんの遺体は2階の1室から見つかり、司法解剖の結果、首に致命傷ではない刺し傷があり、死因は焼死だった。

 捜査1課によると、25日午前、桜井市の住宅街の路上で「血痕がある。確認してほしい」と110番通報があり、DNA型鑑定で山岡さんの血痕と確認した。火災があった男性会社員の部屋から山岡さんの所持品が見つかったという。集合住宅の駐車場に止めてあった車からも血痕が見つかり、鑑定している。

 山岡さんの遺族は県警を通じ「最愛の息子を突然奪われてしまったというつらい現実を受け止めることができない状況に置かれています」とコメントした。

 現場は近鉄橿原神宮前駅から北東へ約600メートルの住宅街。