[PR]

 エレベーターで知らない誰かと二人きりになった時、降りる階に着くと黙って「開」ボタンを押してくれる人、いませんか? お互い目も合わせていないのに過剰な「サービス」をしてくれることと、無言であることのアンバランスさに、居心地の悪さを覚えます。「どうしてこの国は『無言社会』となったのか」の著書がある社会学者で追手門学院大教授の森真一さんと、この「違和感」について考えました。

     ◇

 マンションのエレベーターで二人きりになった時、僕の降りる階で「開」を押してくれたり、降りる階を尋ねて階数ボタンまで押してくれたりする人、いますね。そこまでしてくれなくてもいいんだけどと思いながら、僕も、相手がすぐに目的階にたどり着けるように、降りる時に「閉」ボタンを押すことがあります。人がやっているのを見て、そういうものなのかと思って。

 ボタンを押してくれる人の何割かは、「マナー向上委員」になったつもりなのかもしれません。「知らない人にはあいさつもしないギスギスした世の中には、ちょっとした心遣いをするマナーが必要だ」と。

 丁寧にふるまうならば「どうぞ」などと一言声をかけてもよさそうなものですが、なぜ無言なのか。それも、その人なりの配慮なのだと思います。「お先にどうぞ」と声をかけること自体、大げさで恩着せがましいという感覚があるのでしょう。

 僕の経験では、欧米系の人とエ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら