【動画】高知市の動物園が動物が津波から逃げられる避難棚の設置を目指して資金を募っている=菅沢百恵撮影
[PR]

 大津波に備えて動物の避難場所を作ろうと、高知市桟橋通6丁目の動物園「わんぱーくこうちアニマルランド」がクラウドファンディングで資金を募っている。同園は浦戸湾が間近で、南海トラフ地震では最大約2・7メートルの津波が想定されている。

 大津波が襲来した場合、猿や一部の鳥はおりの上部につかまったり飛んだりして助かる可能性があるが、猛獣は難しい。そこで、一般から資金を募り、猛獣のおりの上部に津波から逃げられる「避難棚」を設置することにした。

 今回、避難棚の新設を目指すのはライオン、ジャガー、ツキノワグマで、計400万円の費用がかかる。すでにスマトラトラのおりでは今年2月、想定される津波を上回る3メートルの高さに棚が完成しており、同様のものを作る。

 スマトラトラのアカラ(雄)は…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら