[PR]

 国立印刷局は27日、静岡工場(静岡市)に勤務する20代の男性職員を同日付で減給10分の1(1カ月)の懲戒処分にしたと発表した。職場で上司に大型のホワイトボードを投げつけ、3日間の自宅療養が必要なケガをさせたという。

 静岡工場では紙幣の製造をしている。印刷局によると、この職員は今年8月5日午後、業務に関する上司の指示に立腹し、製品を倉庫に保管する数量が書かれたホワイトボードを、上司の背後から投げつけたという。

 ホワイトボードはつるすタイプの大型のものだったといい、頭に当たった上司は頭部の打撲や切り傷のケガをした。

 職員は、上司が倉庫の製品保管…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら