[PR]

 風疹の感染拡大を防ぐため患者が多い40~57歳の男性への対策について、厚生労働省は無料で抗体検査を受けられるクーポン券を来年度は48~53歳に配る方針を決めた。28日開かれた専門家部会に提案し、了承された。ただ今年度、配った40~47歳の検査受診率は1割超と低迷しており、委員からはすべての対象者にクーポン券を配るべきだとの声があがった。

 厚労省は今年4月から3年間、風疹流行の中心となっている40~57歳の男性が無料で抗体検査を受け、抗体がなければワクチンを接種できるようにした。今年度は40~47歳約646万人に自治体を通じてクーポン券を送付。しかし、9月までの検査の受診率は13・4%にとどまっている。

 この日の専門家部会で厚労省は…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら