「首相の招待状」を信用、戻らない2千万円 桜を見る会

有料会員記事桜を見る会

小林豪 稲垣千駿、兼田徳幸 安倍龍太郎
[PR]

 野党は、「首相推薦枠」の妥当性について追及を強めている。事実確認に消極的な政府に圧力をかけるため、29日の国会審議に応じない方針だ。

 野党が追及の手がかりにするのが「60」という数字。共産党が入手した資料によると、2015年の桜を見る会について、ジャパンライフの山口隆祥氏宛ての受付票番号の最初の2ケタが「60」だった。同党が政府から提供された「仕様書」によると招待区分で、60~63は「総理、長官等推薦者」と表記されていた。

 野党は「首相の妻昭恵氏の友…

この記事は有料会員記事です。残り2350文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら