[PR]

 江藤拓農林水産相は28日、東京都内で開いた自身の政治資金パーティーで地元・宮崎県の東京事務所職員に手伝いを依頼していた問題について、「公務員というのは公に奉仕するのが仕事。そういう方にお手伝いをお願いしたということは非常に良くなかった。反省すべきだ。今後はないようにしたい」と陳謝した。

 江藤農水相は「私の感覚としては人手は足りていると思っていたが、ただ一斉に会が終了して出る時には足りない場面があったということなんじゃないかなと思う」と述べ、事務所側から依頼したことを認めた。県の職員が毎年のようにパーティーに来ているのは知っていたが、手伝いを依頼していたのは今回指摘を受けて、秘書からの報告で知ったという。(兼田徳幸)