[PR]

 6日から始まる光の祭典「神戸ルミナリエ」を前に2日夜、神戸市中央区の旧居留地一帯で試験点灯があった。約50万個のLEDや白熱電球が街を彩った。

 1995年の阪神・淡路大震災への鎮魂の思いを込めて始まり、今年で25回目。「希望の光に導かれて、25年」がテーマで、15日までの期間中に昨年並みの約343万人の来場が見込まれている。期間中の点灯時間は午後6時(土・日は午後5時)から午後9時半(金・土は午後10時)。