[PR]

 水揚げ量全国一ながら、地元ではまだ知られていない長崎県産養殖フグ。県内での認知度を高め、消費量を増やそうと、フグのイラストをあしらった路面電車が29日から運行を始めた。来年2月28日まで長崎市内を巡る。

 「フグ電車」の運行は、語呂合わせで「いいフグの日」とされる11月29日にあわせて、長崎市戸石町のたちばな漁協が企画した。まるまるとした可愛らしいフグのイラストで外観を装い、車内にはフグを模したちょうちんや漁協のフグPRポスターを飾った。

 県によると、養殖フグの水揚げ量は10年以上、長崎が日本一。昨年は全国のフグの半数を占める約2千トンが水揚げされた。戸石地区は、佐世保市、松浦市と並ぶ主力産地だ。

 だが、出荷先は関西方面と山口…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く