[PR]

【2010年1月27日オピニオン面】

(オピニオン∞)私の「日韓」 インタビュー、中曽根康弘さん・金泳三さん

百年の明日 ニッポンとコリア

民族主義者として韓国を理解 元首相・中曽根康弘(なかそねやすひろ)さん(91歳)

 ――中曽根さんが首相に就任した直後の1983年1月、電撃的訪韓で外交を始めたのを思い出します。全斗煥(チョンドゥファン)政権でした。

 「北朝鮮に向き合う韓国から安保の経済協力を求められ、前内閣で交渉がこじれて途絶していた。これを打開することが対米関係打開の第一歩でもあり、アジア政策展開の第一歩だ、と。瀬島龍三さん(伊藤忠商事元会長)に裏交渉を頼んだらうまくいって」

 ――冷戦下の日韓結束ですね。前年は日本の歴史教科書が歪曲(わいきょく)だと大騒ぎに。65年の日韓国交正常化から20年近くで首相公式訪問が初めてというのも不思議でした。

 「それまで米国ばかりを考えていたからね。私はそれをひっくり返した。韓国を真っ先に選んだから感激してくれましたよ」

 ――夕食会では韓国語であいさつし、韓国の流行歌まで。

 「風呂で発音を繰り返したり歌の練習をしたり。『チョンドゥファン・テートンニョンカッカ(全斗煥大統領閣下)』って。日本は韓民族にずいぶん迷惑をかけてきた。韓国の民族意識を考えたらそうしなければと思った。反省と協力を行動で示す必要があった」

 ――翌84年には全大統領を招き、昭和天皇との歴史的な会見も実現させました。

 「陛下のお言葉をめぐって苦心しましたねえ」

「過ち」を謝る礼儀

 ――「不幸な過去が存したこと…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら