[PR]

 流通大手イオンは29日、英国のネットスーパー運営会社と提携し、新たなネットスーパーを立ち上げると発表した。従来のように店舗から配送するのではなく、人工知能(AI)などを使って効率的な運営をする配送センターに商品を集約し、生鮮食品も含めて宅配する。2023年にサービスを開始するという。

 提携したのは、00年に設立されたネットスーパー運営の「Ocado(オカド) Group(グループ)」。その子会社と国内の独占パートナーシップ契約を結んだ。20年3月までにイオンが新会社を設立。23年に「フルフィルメント・センター」と呼ばれる大規模な配送センターを建て、サービスを始める。

 このセンターでは、オカドからノウハウを得てAIを活用するとともに、商品をつかむピッキング作業などにロボットを活用。梱包(こんぽう)や配送作業の効率化を図るという。30年までに売上高6千億円をめざす。(土居新平)