[PR]

 店のロゴマークや秋田県発行のフリーマガジン「のんびり」のデザインなど、魅力あふれる作品を手がけている美郷町のデザイナー、澁谷(しぶや)和之さん(39)。秋田での10年間の活動を紹介する展示「秋田デ、~秋田で、デザインするということ~」が、秋田市大町3丁目のココラボラトリーで開かれている。数々の作品から、「秋田ならではのデザイン」を追い求めてきた熱意が伝わってくる。

 澁谷さんは大曲高校を卒業後、宮城大学で建築デザインを学び、東京の広告会社に就職した。映画のDVDジャケットなどをデザインしたが、注文をこなすだけの仕事に違和感を感じていた。

 2009年、父の死去を機に退職。「秋田の人たちに寄り添うデザインを作りたい」と思い、美郷町に戻って「澁谷デザイン事務所」を設立した。

 秋田での「デビュー作」は、地…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連ニュース