[PR]

 29日に101歳で死去した中曽根康弘元首相は、国鉄や電電公社、専売公社の民営化や売上税の導入検討など、経済政策でも足跡を残した。その死去には経済界からも悼む声が相次いだ。

 国鉄分割民営化の「改革三人組」の1人だったJR東海の葛西敬之名誉会長は29日、中曽根氏の死去に際してのコメントを発表。「国鉄の分割民営化は中曽根元総理のリーダーシップがあったからこそ実現できた。その結果が鉄道の今日の発展につながっており、大変大きな功績を残された」としている。

 日本商工会議所の三村明夫会頭…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら