[PR]

 富山駅北側を走る路面電車「ポートラム」を運営する富山ライトレールは1日、富山市内の南北の路面電車が接続して来年3月から直通運転されるのを前に、接続工事の現場見学会を開催した。

 富山駅の高架下を南北に貫く接続工事の現場を間近で見られる貴重な機会とあって、家族連れや鉄道ファンら約130人が参加した。案内役の社員が接続工事についてのクイズを出しながら現場を案内し、参加者らは11月につながったばかりのレールに触れたり、工事現場の写真を撮ったりした。

 両親と参加した富山市の小学3年、立山珀久(たちやまはく)君(8)は南北接続について「色々な所に遊びに行きやすくなり、これから楽しくなる。鉄道が好きだし、つながったら乗りに行きたい」と笑顔で話した。(丹秋乃)