[PR]

 プロ野球の埼玉西武ライオンズがキャンプで宿泊している日南海岸南郷プリンスホテル(宮崎県日南市南郷町)が来年、「ライオンズ仕様」に生まれ変わる。部屋ごとに装飾が異なる「ライオンズルーム」を設け、全国のファンを呼び込みたい考えだ。

 ホテルは、球団が1995~2001年の秋と、04年から春と秋のキャンプで利用してきた。年間を通じてライオンズファンや観光客が集う施設をめざし、改装することにした。

 ロビーには選手が使った野球道具の展示コーナーや、フォトスポットとしてヒーローインタビューを再現した記者会見パネルを設ける。中2階にはスポーツバーのように気軽にファン同士が交流できる「L’s Library(仮称)」を新設する。

 客室最上階の8階は16年に新装したため、今回は7階の12の客室をすべてライオンズルームに改装。試合に勝った時の熱気を表現した壁紙や選手の等身大パネルは客室ごとに異なるものを用意する。廊下は「ビクトリーロード」と銘打ち、床に実寸でホームベース、マウンド、二塁ベースをデザインする。

 来年2月には近くのJR南郷駅…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら