第4回口止めされた先生との秘密 今はわかる「あれは性暴力」

有料会員記事子どもへの性暴力

小若理恵
[PR]

子どもへの性暴力

写真・図版

 桜の季節、15歳の少女は期待に胸を躍らせて高校に入学した。「君、普通科に受かったんだね」。受験の日、試験監督をしていた先生が声をかけてくれた。《覚えてくれていたんだ。うれしい》。先生は当時30代前半。認められたくて、熱心に授業を受けた。

 夏休みに私服で高校の近くを歩いていたとき、先生が車で通りかかった。「家まで送ってあげるよ」。涌井佳奈さん(44)に、誰にも言えない秘密ができた。

子どものころに受けた性暴力は、心身に深い傷を刻み込みます。しかし、その多くは埋もれたままです。この状況をどうしたら変えられるのか。被害に深く傷つきながらも、勇気を持って実名で語る被害者たちに話を聞きました。

 2学期。放課後に華道クラブ…

この記事は有料会員記事です。残り1430文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載子どもへの性暴力(全47回)

この連載の一覧を見る