[PR]

 北大西洋条約機構(NATO)について「脳死状態」と批判したフランスのマクロン大統領に対し、トルコのエルドアン大統領が29日、「まず、あなたの脳死を確認しろ」と非難した。両国は共にNATOの加盟国。フランスは同日、トルコ大使を呼んで抗議し、外交問題に発展している。

 発端となったのは、7日に英誌エコノミスト(電子版)に掲載されたインタビューでマクロン氏がNATOを「脳死状態だ」と形容した発言だ。加盟国の足並みを乱す存在として米国とトルコを挙げ、過激派組織「イスラム国」(IS)掃討作戦に加わったクルド人武装組織をトルコが攻撃したことについて「協調性がない」となじっていた。

 フランスはテロリストの自国への流入を恐れてISとの戦いを最重視しており、マクロン氏は28日にもトルコを「同盟国とは呼べないし、連帯もできない」などと批判を重ねた。

 トルコメディアなどによると、これに対し、エルドアン氏は29日にイスタンブールで行った演説でマクロン氏の「脳死状態」発言を取り上げ、「まずはあなたの脳死を確認しろ。こうした発言はあなたのように脳死状態にある人にふさわしい」とぶちまけた。

 エルドアン氏は、トルコがシリ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら