[PR]

 秋田県警は29日、同県横手市増田町の雑貨店前に設置されたアルコール飲料用の自動販売機で、商品取り出し口にあった缶ビール1本から、農薬成分が検出されたと発表した。県警は、不審物を発見した際は「絶対に口にせず、警察へ届け出て」と呼びかけている。

 横手署によると、13日午後6時ごろ、横手市の30代男性が自販機で缶ビールを購入した際、自分が買った製品のほかに別銘柄の缶ビール1本(350ミリリットル)が取り出し口にあるのを見つけ、雑貨店の男性店主に届け出た。

 店主が調べたところ、缶の底には直径1~2ミリほどの穴が開けられており、中身が漏れていた。穴には青い固まりが付着していた。ふたを開けて中身を注ぐと、通常のビールの色ではなく、青っぽい色だったという。店主は20日、近くの交番に空になった缶を届け出た。

 県警は29日、缶内に残留していた液体から、除草剤に使われる農薬のパラコートを検出した。パラコートは猛毒で、摂取量が多ければ死に至るという。同署は威力業務妨害容疑などを視野に自販機に置かれた経緯を調べている。(曽田幹東)