[PR]

 北朝鮮外務省の日本担当副局長は30日、北朝鮮が超大型放射砲(ロケット砲)と発表した28日の飛翔(ひしょう)体発射をめぐり、安倍晋三首相が弾道ミサイルであり国際社会への深刻な挑戦と発言したことについて、非難する談話を発表した。朝鮮中央通信が30日、伝えた。

 談話は「世界は今回の試射をロケット砲と評しているが、(安倍首相は)ミサイルだと言い張っている」とし、「本当の弾道ミサイルが何かを遠からず、それも非常に近くで見ることになるだろう」と警告した。

 北朝鮮はロケット砲と主張しているが、弾道ミサイルの場合、国連安全保障理事会の制裁決議に違反する。非核化をめぐる米朝協議で制裁解除を主張している北朝鮮としては、トランプ米大統領や国連がミサイル発射で制裁強化に動いていないなか、安倍首相の発言に神経をとがらせているようだ。(ソウル=神谷毅)