[PR]

 ポンペオ米国務長官は29日、中曽根康弘元首相の死去に深い哀悼の意を表した声明文を発表した。

 ポンペオ氏は「日本の重要な局面における勇気ある指導者であるとともに米国の信頼するべき友人であり、日米の同盟と経済関係の強さを体現する人物だった」と振り返り、「近隣諸国との関係改善や大変困難な国際問題に取り組み、国際社会に持続的な影響を及ぼした」と外交面における貢献をたたえた。

 そのうえで「私と米国市民は、中曽根氏の温かな友情と日米関係に対する計り知れない貢献を長らく記憶にとどめるだろう」と結んだ。(ワシントン=園田耕司)