[PR]

 原子力規制委員会の更田豊志委員長が30日、中国電力島根原発(松江市)の視察に訪れた。再稼働に向けた2号機の審査終了をめぐり、報道陣から「27日に審査結果が出た東北電力女川原発2号機(宮城県)の次は島根原発か」と問われた更田委員長は「率直に言えばそうだと思う」と述べた。

 委員長が島根原発を現地視察するのは2015年1月以来。更田委員長は、2号機の安全対策の実施状況や、東京電力福島第一原発1号機の廃炉に向け、類似の島根原発1号機(廃炉作業中)の構造を確認した。

 視察後、更田委員長は報道陣に、島根原発2号機の審査段階について「まさに中盤」としつつ、「今後大きな課題で止まってしまうことがなければ、判断に向けて審査は進むと思っている」と説明。審査の進み具合からみて、女川原発2号機の次に島根原発2号機の合否が出る見込みとの認識を示した。

 また、敷地内の防波壁近くの地…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら