[PR]

 花魁(おいらん)姿の女性たちが宇都宮市の中心市街地を練り歩くイベント「宮魁道中」が30日あり、あでやかに着飾った女性たちの行列を、多くの歩行者らが足を止めて見入った。

 今年2回目。公募で県内外から集まった約80人のうち約50人が京都の花魁姿になり、ほかは宇都宮オリジナルの現代風花魁の着付けをし、オリオンスクエアからオリオン通りを歩いた。

 実行委員会長で着物の古着専門店「きものHAUS」店主の荻原貴則さん(32)は「着物でまちを活性化させ、外にも発信したい」と話す。かつて宇都宮に遊郭があったことも意識しているという。

 飲食ブースが並んだオリオンス…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら