[PR]

 林京子や松尾あつゆきら、長崎を代表する原爆文学作品を市民や俳優が朗読する「ナガサキ 映画と朗読プロジェクト」が14、15日、長崎市の長崎原爆資料館ホールで開かれる。被爆者を撮り続けてきた映画監督らが企画し、中学生から60代まで約30人が練習を積んでいる。プロジェクトを通じて初めて原爆のことを学ぶ参加者もいる。

 11月30日、長崎市内の会議室で、出演者の男女十数人が練習に励んでいた。台本を手にした女性がハリのある声で、林京子の小説「祭りの場」の一節を読み上げた。

 「広場で出陣の踊りを踊っていた学徒らは即死、火傷の重傷者は一、二時間生きた。爆圧でコンクリートに叩きつけられて腸が出た学徒がいた。若者だけにうめき声がすさまじかった」

 すかさず、朗読指導にあたる元…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら