[PR]

 日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(65)がレバノン入りしたと欧米メディアが30日に相次いで報じたことをめぐり、東京地裁は31日、海外渡航を禁止した保釈条件は変更していないことを明らかにした。ゴーン前会長が保釈条件を守らずに、出国した可能性がある。

 ゴーン前会長は2018年11月に逮捕され、19年4月に東京都内に住むことなどを条件に保釈されていた。地裁は、保釈の取り消しや、今春にも始まるとみられていた公判の進め方について「現時点では未定」としている。