[PR]

 「24時間365日」を掲げてきたコンビニ大手の一部で、年末年始の休業実験が始まった。アルバイトらの人手不足が背景にある。2019年は、業界に時短営業が広がった。20年、コンビニの働き方改革はさらに進むのか。

 ローソンの対象は国内1万5千店のうち、25都道府県のオフィス街などにある102店。本部の直営店は含まず、すべて加盟店だ。おおみそかから1月3日にかけて、半日から1日半ほど休業する。このうち東京・中野の「中野セントラルパークイースト店」は、おおみそかの午後10時から2日午前10時まで、店を閉める。

 竹増貞信社長は「店の数が多く…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。