拡大する写真・図版 再会した山中大河さん(左)に「グローブを使えるようなった」と報告する松本遼くん=2019年6月19日、高知市の県立障害者スポーツセンター、斉藤寛子撮影

[PR]

 「野球がやりたい」

 三男の遼くんがそう言い出したのは、幼稚園の年長になって間もない一昨年の春だった。中学2年と小学5年の2人の兄も、幼いころから野球漬けの日々を送ってきたから、予想はしていた。しかし、母親の松本千世(ちせ)さん(44)=高知市=はどうやってあきらめさせるか、頭を抱えた。

 数カ月後。子どもたちが寝静まった後、居間でくつろいでいて、テレビの高校球児の姿に釘付けになった。左手にはめたグラブで捕球し、グラブを右脇に抱えてから、左手で投げていた。

 夏の甲子園に出場していた高知商業の主将、山中大河さん(19)を紹介する特集だった。生まれつき右手の指が2本だと番組は伝えていた。右手を服の袖に隠す、園児のときの山中さんのしぐさは、遼くんと一緒だった。

 遼くんは、生まれつき右手足にまひがあった。兄のまねをして、ボールを投げたり、おもちゃのバットを振ったりするようになったが、右手にはボールやバットを握る力がなかった。

 山中さんのお母さんに話を聞い…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら