[PR]

 サッカーJ1ジュビロ磐田の2度目のJ2降格が11月30日、決まった。降格の責任を問われた小野勝社長は「レジェンドだから」と2人の元日本代表OBを擁護した。今季途中で辞任した名波浩元監督と、服部年宏強化本部長だ。1997年から6年間でJ1を3度制した「黄金期」のスターに頼ったチーム作りが、衰退の背景にありそうだ。

 「このクラブの強化の責任はどこにあるのか」。降格が決まった試合後のセレモニーでサポーターは横断幕を掲げた。小野社長のあいさつは激しいブーイングにかき消され、フロントへの批判の大きさを物語っていた。

 「やはりレジェンドだからバックアップしたい。ずっと推すつもりだった」。小野社長が会見で弁明したのは名波監督が辞任したタイミングについてだった。

 2014年に就任した名波監督…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら