拡大する写真・図版 トランポリンの女子個人で優勝し、喜ぶ森ひかる=内田光撮影

[PR]

 トランポリンの世界選手権最終日は1日、東京・有明体操場で男女の個人決勝があり、女子は森ひかる(金沢学院大ク)が55・860点で個人として日本人史上初の金メダルを獲得した。土井畑知里(三菱電機)が55・225点で2位に入った。男子は堺亮介(星稜ク)が59・785点で5位、海野大透(静岡産大ク)が6位だった。

 男女それぞれ、決勝に進出した日本人最上位の堺と森が東京五輪代表に内定した。

 非五輪種目の女子団体、男女両方のシンクロナイズドを合わせ、日本は今大会で計4個の金メダルを獲得した。

■あ、メダルも取…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら