[PR]

 子どもたちに野球の楽しさを体感してもらおうと、第2回山梨ベースボールフェスティバル(山梨県高野連主催、朝日新聞社など共催)が1日、甲府市の山日YBS球場で開かれ、就学前の子どもから中学生まで約650人が参加した。

 県内の高校の野球部員や指導者らが打撃や守備、投球などを丁寧に教えた。高校生はシートノックや「ホームランコンテスト」を通して、守備や打撃の高い技術を披露。合同練習をした中学生は元気よく声を出し、きびきびとした動きを見せていた。

 富士吉田市の「中央・幸フェニックス」主将の外川煌君(小5)は打撃指導を受け、「打つときの構えを少し高くするように教えられたら、うまく打球が飛ぶようになった」と喜んでいた。(田中正一)