[PR]

 女子ゴルフの今季最終戦、LPGAツアー選手権リコー杯(宮崎CC 6535ヤード=パー72)は1日、最終ラウンドが行われ、鈴木愛が2年ぶりに賞金女王に返り咲いた。12位で出た鈴木は6バーディー、2ボギーの68をマークし、通算5アンダーの5位で通算獲得賞金を1億6018万9665円に伸ばした。3位スタートで21歳の渋野日向子は3バーディー、1ボギーで、通算7アンダーの2位に終わり、史上最年少での賞金女王獲得を逃した。日本ツアー本格参戦1年目で、2位から出たペ・ソンウ(韓)が6バーディー、1ボギーの67で回り、通算11アンダーでツアー2勝目を挙げた。

     ◇

申ジエが平均ストローク最少記録を更新

 1日の最終ラウンドを68で回り、シーズンの平均ストロークで69・9399をマーク。2016年にイ・ボミ(韓)が記録した70・0922を塗り替え、ツアー史上初の60台を達成。