[PR]

 政府は今月上旬にまとめる経済対策で、中小企業支援に3600億円を投じる調整に入った。年に1200億円ずつ、3年間かけて支出する方向だ。キャッシュレス決済のポイント還元策では利用が想定を超えているため、今年度補正予算と来年度の当初予算をあわせて数千億円を追加計上する。

 中小企業支援は、競争力強化や新事業創出を目的に、開発や設備投資の一部費用を補助する「ものづくり補助金」が中心となる。この補助金は、2012年度から毎年度1千億円前後を補正予算に計上。財務省が成果の評価があいまいだとして見直しを求めていたが、規模がほぼ維持される見通しだ。

 経済対策をめぐっては、歳出を…

この記事は有料会員記事です。残り222文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り222文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り222文字有料会員になると続きをお読みいただけます。