[PR]

 来年の東京五輪のマラソンと競歩が札幌市で開催されることになり、マラソンコースは「大通公園」(同市中央区)発着で市中心部を2周するコースとし、日程は大会終盤の4日間で実施する方向で調整していることがわかった。複数の大会関係者が明らかにした。

 マラソンコースは、よりコンパクトなコースを6周ほどする案を世界陸連が提示していたが、大会組織委員会などが提示した2周案が有力になった。代わりに日程については世界陸連などが希望する短縮日程での実施で調整に入っている。男子マラソンは従来通り大会最終日の8月9日に実施。同2日の予定だった女子は8日に、競歩は男女3種目を6、7日に分ける開催案で協議が進んでいる。

 大会組織委は4日の国際オリンピック委員会(IOC)理事会までにコースと日程の確定を目指している。