[PR]

 東京電力福島第一原発の敷地内にたまり続ける処理済みの汚染水をどう処分するか、その方法が論議を呼んでいる。安全性に問題はないとして海への放出を求める声が政治家から上がる一方、風評被害への懸念は消えない。いつどう扱うのが最善か。経済産業省の小委員会での論点は絞られつつある。

 9月以降、原田義昭・前環境相や松井一郎・大阪市長らから、海洋放出を肯定する発言が続いた。これに対し、汚染水対策を担当する梶山弘志経済産業相は「まずは小委員会で必要な議論を尽くすことが重要だ」と慎重な発言を繰り返している。

 原子炉建屋などで生じた汚染水…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら