拡大する写真・図版 ドラマ「ターン・タイプ」の放送を予告する公式のトレーラー映像。ゲイを公言するターン(右)とゲイに偏見を持つタイプ(左)という2人の男子大学生の恋物語だ=ユーチューブから

[PR]

 男性同士の恋愛を女性が創作して楽しむ「やおい」、あるいはボーイズラブ(BL)と呼ばれるジャンルは、半世紀近く日本の女性に愛され、今ではアジアを中心に世界に広がっている。なぜ、やおいは愛され、求められるのか。やおい・BL研究家の金田淳子さんに聞いた。

問われ続けた「なぜ」

 やおいやBLとは、主に女性が女性向けに創作した、男性同士の恋愛やセックスを描くジャンルです。やおいとは、1980年代後半に広まった言葉で、主に二次創作を指します。一方で、BLは90年代後半ごろに広まった言葉で、商業誌に載るオリジナル作品を指します。しかし言葉は変わるものなので、この区別は最近ではあいまいになっています。

 私も、富山県にいた小学生の時、アニメの「キャプテン翼」を大好きになったことをきっかけに、登場人物同士の恋愛を想像した二次創作を読むようになり、やおいの世界に夢中になりました。それから40年近く、やおい・BL愛好者として過ごしているわけですが、数え切れないほど「なぜ好きなのか」と自問し、人からも問いかけられてきました。

 でも、誰でも自分と関係ない国や、関係ない境遇の恋愛物語を楽しんだことはあるのでは? 女性同士の恋愛を描く「百合」ジャンルは男性の愛好者が多いと言われていますが、彼らが「なぜ」と問われることは少ないように思います。なぜやおいを好きな女性ばかり理由を聞かれ続けるのか、疑問を感じます。

 やおいというジャンルが日本で…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら