子どもへの性暴力

[PR]

 31歳で結婚した。三つ年上の夫は優しい。穏やかな日々だったが、なぜか居心地が悪い。経験したことのない生活が不安で仕方なかった。

 《こんな幸せは長く続くわけがない。私は幸せになってはいけない》

 そんな思いに駆られた。

 千葉県で暮らす河野亜衣子さん(45)はいつも《死にたい》と思っていた。

 わけもなくイライラして、泣き叫んだ。不安から過呼吸にもなった。「こんな私でも捨てないのか」と夫に迫り、蹴りやパンチを入れた。どんな悪態をついても、夫は怒ることなく受け止めてくれた。そんな夫に当たる自分を責めた。

 子ども時代の秘密を抱える罪悪感にさいなまれていた。結婚から4年ほどしたある日。「話がある」と切り出した。だが、なかなか言葉が出てこない。約10分後、絞り出すように語り始めた――。

 小学6年のとき、両親が離婚。母と妹と暮らす家に、母が働くスナックのマスターが入り浸るようになった。マスターは気に入らないことがあると、母にも自分にも暴力を振るった。

子どものころに受けた性暴力は、心身に深い傷を刻み込みます。しかし、その多くは埋もれたままです。この状況をどうしたら変えられるのか。被害に深く傷つきながらも、勇気を持って実名で語る被害者たちに話を聞きました。

 極貧だった。お菓子を買う金は…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら