[PR]

 世界を抱くように大きく両手を広げるのびやかな指揮と、温かな人柄で多くの人々を魅了したマリス・ヤンソンスさんが11月30日、76歳で亡くなった。2012年、バイエルン放送交響楽団との来日公演で奏でたベートーベンの交響曲はどこまでもおおらかで、疾走感も抜群だった。多少の傷はあっても、個々の奏者の自主性を何より大切にしたい。そんな首席指揮者としての親心を垣間見た。

 しかし、自身は各セクションにすさまじい集中力で耳を澄ませていた。機嫌良く振っているようでいて、突出したり埋没したりしている奏者を見逃さず、鋭く指示を出している。そうしてあらゆるバランスが整えられた瞬間、奏者も聴衆も、ともに魔法のじゅうたんに乗せられたかのようなかつてない浮遊感を共有する。このヤンソンス・マジックを世界中のオーケストラと聴衆が待ち望んだ。

 時には「家族」である楽員の思…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら