ヤンソンス・マジック 音楽でしか実現できない理想郷

有料会員記事

編集委員・吉田純子
[PR]

 世界を抱くように大きく両手を広げるのびやかな指揮と、温かな人柄で多くの人々を魅了したマリス・ヤンソンスさんが11月30日、76歳で亡くなった。2012年、バイエルン放送交響楽団との来日公演で奏でたベートーベンの交響曲はどこまでもおおらかで、疾走感も抜群だった。多少の傷はあっても、個々の奏者の自主性を何より大切にしたい。そんな首席指揮者としての親心を垣間見た。

 しかし、自身は各セクションにすさまじい集中力で耳を澄ませていた。機嫌良くふるまいながら、突出したり埋没したりしている奏者を決して見逃さず、目と身ぶりで鋭く指示を送る。そうしてあらゆるバランスが整えられた瞬間、暖かな風を受けてふわりと浮きあがる幸福感を奏者と聴衆が共有する。世界中のオーケストラと聴衆が、このヤンソンス・マジックを待ち望んでいた。

 時には「家族」である楽員の…

この記事は有料会員記事です。残り809文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら