[PR]

 川崎市宮前区のトンネルで2006年9月、面識がない女性を殺害したとして殺人罪に問われた鈴木洋一被告(39)の裁判員裁判が2日、横浜地裁(景山太郎裁判長)であった。検察側は論告で「好みの女性の死ぬ間際の苦しむ顔が見たいという理由で人生が絶たれた女性の無念さは、察するにあまりある」として、無期懲役を求刑した。判決は13日に言い渡される。

 起訴状などによると、鈴木被告は06年9月23日午前0時ごろ、アルバイトから帰宅中の黒沼由理さん(当時27)の腹、右胸を刃物で刺し殺害したとされる。

 検察側は論告で、急所である腹を刺したことから最初から殺意はあったと主張。夜間に人通りが少ない場所で事件を起こしたことなどから、犯行は計画的だとした。

 一方、弁護側は公判で起訴内容を大筋で認めたが、被告のパーソナリティー障害が犯行を思いとどまろうとする力を弱めたと指摘し、自ら犯行を打ち明けたことなどから量刑を考慮するよう求めている。

 鈴木被告は07年4月にも同区の路上で女性を刺して大けがをさせ、懲役10年が確定。服役中だった16年1月以降、神奈川県警の任意の事情聴取に対し、黒沼さんの殺害を自ら打ち明けた。(岩本修弥)