天皇、皇后両陛下は3日、東京都八王子市の武蔵陵墓地を訪れ、即位の礼と大嘗祭(だいじょうさい)を終えたことを告げる「親謁(しんえつ)の儀」を執り行った。両陛下は、墓地内にある昭和天皇の武蔵野陵(むさしののみささぎ)と大正天皇の多摩陵(たまのみささぎ)にそれぞれ拝礼。各陵ではお一人ずつ、玉串を捧げた。4日には、皇居・宮中三殿で同様の報告をする。これで一連の親謁の儀は、最後となる。