[PR]

杉本昌隆八段の「棋道愛楽」

 藤井聡太七段が初のタイトル挑戦まで、あと1勝と迫った第69期王将戦。挑戦者決定リーグ戦で4勝1敗同士、広瀬章人竜王との決戦は最高の盛り上がりを見せました。

 棋士にとって、タイトルは永遠の憧れ。挑戦者はその第一歩です。いままで数々の新記録を打ち立ててきた藤井七段。今回は歴代最年少挑戦者の記録更新がかかっていました。私も現地の東京に駆け付け、インターネットの将棋番組に出演。その後、控室で他の棋士らと検討に加わりました。

 将棋会館前の玄関先には、王将戦の協賛会社のキッチンカーが止まっています。対局者に出来立ての中華料理を届けるためです。テレビカメラが回り、リポーターの女性がそれを紹介する。ちょっとしたお祭り会場のように華やかで、静粛の中で行われる対局室とは対照的でした。

 ちなみに、この日の藤井七段の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら