[PR]

 関西で100年を超える歴史を持つ宝塚音楽学校(兵庫県宝塚市)、関西学院グリークラブ(兵庫県西宮市)、大阪音楽大学(大阪府豊中市)によるコーラスコンサートが11月30日、豊中市のザ・カレッジ・オペラハウスであった。各団体が奏でるハーモニーを観客らは聴き入っていた。

 大阪音大が主体となった阪急宝塚線沿線の音楽イベント「阪急宝塚線ミュージック駅伝MOT!」の目玉企画として実現した。

 今回参加したのは、1913年に「宝塚唱歌隊」として発足した宝塚音楽学校の106期本科生と、1899年に誕生した国内最古の男声合唱団・関西学院グリークラブに所属する大学生、そして1915年に開校した大阪音大で声楽を学ぶ学生を中心に編成された合唱団。いずれも大阪音大の本山秀毅学長が合唱を指導している縁があった。本山学長は「それぞれの団体の舞台を見聞きすることで、若い人が刺激を受けて成長してほしい」と思い、実現に奔走した。

 コンサートでは最初に各団体が…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら