[PR]

 JR高知駅にクリスマスツリーが設けられ、12月2日、高知市の保育園「丑之助学園」の園児や保護者らが飾り付けをした。

 園児93人は、駅のコンコースに設置された3・5メートルのモミの木に、画用紙や紙コップで作った雪だるまや靴下などを飾った。飾りには「きょうりゅうはかせになりたい」「ヘリコプターのラジコンがほしいな」など、サンタクロースへのメッセージが書かれていた。

 園児たちは保護者を前に「きよしこの夜」や「サンタが町にやってくる」などを歌ったり、木琴などで演奏したりした。明神菫(すみれ)さん(4)は「演奏を頑張った。クリスマスプレゼントが楽しみ」と話した。ツリーは25日まで。(湯川うらら)