[PR]

 米ユタ州のアーチーズ国立公園で11月29日、いずれも60代の日本人男性と女性が転落して死亡していたことが、外務省に入った連絡でわかった。30代の男性もけがをしているという。

 地元紙によると、同公園当局には29日朝、3人が転落したとの知らせが入ったという。転落場所は、アーチーズ国立公園のなかで、「デリケートアーチ」と呼ばれる観光名所のそばだった。

 転落した原因はわかっていないものの、地元メディアによると、公園では当時、雨や雪が降っており、滑りやすい状態だったとしている。地元紙は、3人は、カリフォルニア州から来ていたようだと報じているが、詳細はわかっていない。(サンフランシスコ=尾形聡彦