[PR]

 福岡県小郡市の住宅で2017年、母子3人の遺体が見つかった事件の裁判員裁判の論告求刑公判が2日、福岡地裁(柴田寿宏裁判長)であった。殺人罪に問われた夫で父の元同県警巡査部長、中田充(みつる)被告(41)に対し、検察側は「家族3人の未来を奪った冷酷な犯行」と述べ、死刑を求刑した。判決は13日。

 中田被告の起訴内容は、17年6月5日深夜から6日未明にかけ、自宅で妻の由紀子さん(当時38)と長男涼介さん(同9)、長女実優(みゆ)さん(同6)をそれぞれ窒息死させたというもの。

 中田被告が犯人かどうかに関する論告・弁論は11月18日に実施されており、検察側は「犯人であることは明らか」と指摘し、弁護側は「別人の犯行の可能性がある」と反論していた。

 この日は量刑に関する最終論告…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら