拡大する写真・図版 文の里商店街にある「みつばち古書部」。通行人らがふらりと立ち寄っていく=2019年12月2日午後、大阪市阿倍野区昭和町1丁目、小林太一撮影

[PR]

 月500円を払って店の棚を借り、店番も交代で担う。そんな新しいスタイルの古書店が大阪・阿倍野にでき、評判を呼んでいる。自分が楽しんだ本を、人におすすめしよう――。そんな趣旨に賛同した出店者は100人以上。棚を思い思いに飾り、個性を競い合っている。

 大阪市阿倍野区の文の里商店街。アーケード街に面した通りから、温かな雰囲気の木製の棚が見える。看板には「日替わり店主の古本屋」とある。

 棚は38センチ四方に仕切られ、一つひとつが出店者のスペースだ。文庫本なら20~30冊ほど、単行本なら15冊ほどを並べられる。蜂の巣のイメージから、店名は「みつばち古書部」。

 棚ごとにも屋号がある。子ども…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら